FC2ブログ
今居る場所で感じた空気を、写真というカタチでのこしていくブログ。
さよなら太陽 -- 写真詩&デスクトップ・フリー壁紙
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今と遊離する町
2008年 04月 23日 (水) 21:18 | 編集


この前の記事で書いていたピンホールカメラで撮った写真です。
このカメラ、ファインダーが無いのでどの範囲まで写るのか
全然見当がつかなくてかなり使いづらかったです~

最初撮ったときなんて、あまりにも思い通りの構図に
写ってくれなくてイライライラ...
カメラの大きさから写る範囲を計算してみようと思ったけど
それでも上手くいかなくてイライラ...

でも一つひらめいた事が。

「最初からこういうものを撮ろうと思って撮るからイライラするワケで、
もうちょっと偶然性を楽しんでもいいんじゃないか」
と。

で、撮るときの心持ちをちょっと変えてみました。

そしたら失敗した写真が失敗に見えなくなってきた。
考えてたのよりむしろこっちのがいいんじゃない?って写真も
増えてきて、そこからは楽しく撮影できるようになりました。
この偶然性が写真の楽しいとこなんかなと思った。

頭の中に浮かんだものを完璧に再現したいんなら
絵を描けばいいわけで。
あえて、現実に存在する物を紙に写し取るのが写真なんだから。
この現実をつくりだしている、自分にはどうする事も出来ない
要素があるんだって事を受け入れた上で
撮るべきなのかなあと思いました。

昔友人に「デッサンと写真の違いってなに?」って聞かれた事が
あったんやけど...
今なら!今ならちゃんと答えられそう!
あの瞬間ににタイムスリップしたい!あー!!

P.S
ピンホール写真、あと5枚くらい気に入ったのがあるんで
随時のせていこうと思います。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
すごいねー いろんなことにチャレンジしているね
お久しぶりです ごめんねぇ~来てはいるんだけどコメントできなくて・・・
楽しそうですね
青春しちゃってください
また遊びに来るね
今から高校の授業参観なので行ってきまーす!!
2008/ 04/ 24 (木) 11: 28: 48 | URL | ちーねえ # X4YsqK5w[ 編集 ]
とっても面白そうな写真が撮れそうですね。
どんどんと写真を楽しんで下さいね。
きっと、もっともっと新しい発見ができるかもしれないし。
頑張って下さいね。
2008/ 04/ 24 (木) 14: 40: 13 | URL | korokoro-puni # /HKLsajk[ 編集 ]
>ちーねえさん

こんにちは^^
授業参観ですか~いってらっしゃい!

学校の課題のこなし方は何となく分かってきたので
これからは自分から動いて何かやってみたいなあと思う今日この頃です。

お忙しい中ブログを見に来て下さって
いつもありがとうございます*
私もまた遊びにいきます♪
2008/ 04/ 24 (木) 20: 21: 24 | URL | シュン # -[ 編集 ]
>korokoro-puniさん

コンデジじゃ撮れないような、独特な雰囲気の写真が撮れました♪

楽しむ事は大切ですよね。
写真を撮るときも、新しい事をするときも
それだけは忘れずにいたいと思います。

ありがとうございます^^
いろんなものを見て、いろいろ発見していきたいです。
2008/ 04/ 24 (木) 20: 28: 52 | URL | シュン # -[ 編集 ]
面白そうですね。
その逆転の発想、素晴らしいです。
何事も、いい面に目を向けて楽しんでいくって
素敵ですよね。
これからも応援しています!ポチ(^^)
2008/ 04/ 25 (金) 12: 16: 02 | URL | 瞬 # /aF5ZJNE[ 編集 ]
そうですよね。
それに対する時の気持ちで、
物の見方だって変わってくるでしょうし
どうせやるならその物のいい所を楽しんで
やりたいなあと思います。

応援ポチありがとうございます!^^
2008/ 04/ 25 (金) 17: 35: 18 | URL | シュン # -[ 編集 ]
はじめまして。

中学生の頃、ボール紙でピンホールカメラ作って遊びました。ピンホールカメラの利点は全てにピントが合うってことだと聞いた記憶があります。

オウムガイの目がピンホールカメラと同じ構造なんだそうですね。

「デッサンと写真の違い」・・・おお!
写真の発明から、絵の役割は変わったと言われます。
僕の考え方では、写真は現実空間をいかに自分の感性で「切り取る」かだと思っています。でも、そんなこと言ったら「偶然」を楽しめないですよね。

漫画家の大友克洋さんが、どんなに石ころを配置してみても、後ろ向きにポンと放り投げた結果にかなわない、とどこかで書いていたのを思い出しました。
2008/ 06/ 09 (月) 11: 40: 09 | URL | EFUDE # .JVlRlnw[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) さよなら太陽 -- 写真詩&デスクトップ・フリー壁紙 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。