FC2ブログ
今居る場所で感じた空気を、写真というカタチでのこしていくブログ。
さよなら太陽 -- 写真詩&デスクトップ・フリー壁紙
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
閃光
2008年 05月 09日 (金) 19:34 | 編集


スポンサーサイト
今と遊離する町
2008年 04月 23日 (水) 21:18 | 編集


この前の記事で書いていたピンホールカメラで撮った写真です。
このカメラ、ファインダーが無いのでどの範囲まで写るのか
全然見当がつかなくてかなり使いづらかったです~

最初撮ったときなんて、あまりにも思い通りの構図に
写ってくれなくてイライライラ...
カメラの大きさから写る範囲を計算してみようと思ったけど
それでも上手くいかなくてイライラ...

でも一つひらめいた事が。

「最初からこういうものを撮ろうと思って撮るからイライラするワケで、
もうちょっと偶然性を楽しんでもいいんじゃないか」
と。

で、撮るときの心持ちをちょっと変えてみました。

そしたら失敗した写真が失敗に見えなくなってきた。
考えてたのよりむしろこっちのがいいんじゃない?って写真も
増えてきて、そこからは楽しく撮影できるようになりました。
この偶然性が写真の楽しいとこなんかなと思った。

頭の中に浮かんだものを完璧に再現したいんなら
絵を描けばいいわけで。
あえて、現実に存在する物を紙に写し取るのが写真なんだから。
この現実をつくりだしている、自分にはどうする事も出来ない
要素があるんだって事を受け入れた上で
撮るべきなのかなあと思いました。

昔友人に「デッサンと写真の違いってなに?」って聞かれた事が
あったんやけど...
今なら!今ならちゃんと答えられそう!
あの瞬間ににタイムスリップしたい!あー!!

P.S
ピンホール写真、あと5枚くらい気に入ったのがあるんで
随時のせていこうと思います。
カメラって紅茶の缶で作れるんだ
2008年 04月 18日 (金) 19:02 | 編集
DSCF1584.jpg


紅茶缶がピンホールカメラに~
試し撮りしてみたらこんなの↑撮れました。
これは白い部分と黒い部分が逆になっているので、
さらに反転させた物を現像して完成です。

何が写ってるのか分かりにくいですが
一番手前のは膝下から肩上までの自分(in学校)
右側のは階段
左の写真は歪んで写ってますが手前の写真と同じ手すりです。

そしてこれが空き缶で作ったカメラ本体↓




ちっさい穴を開けたアルミ板を紅茶の四角い缶にペタリ。
さらにこれに段ボールで作ったカバーを被せてこんなかんじ↓

DSCF1582.jpg


や。ガチャピンは関係ないんですが 笑
箱の上面真ん中あたりに丸いへこみがあるのがお分かりいただけるでしょうか?
ここが普通のカメラで言うレンズの部分。
中央にさっきの小さい穴が開いてます。
このままじゃ黒くてカワイくないので、後で塗装するつもり。


今、こんな感じのことを学校の実技の授業でやってます。
普段の写真はコンデジで撮影してるんですが、
手作業で現像するのも面白いなあと^^

そして手作りカメラ、愛しい 笑

実はもう名前まで考えてあるんですが...塗装し終わるまでヒミツ。

copyright (C) さよなら太陽 -- 写真詩&デスクトップ・フリー壁紙 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。